シーバー病、良くならない、かかとの痛み
かかとに負担がかかってしまう本当の原因

成長痛だから仕方ないということはありません。

成長期でスポーツを激しくしていてもならない子もいます。

成長痛とは幼少期に夜間に足が痛くなる原因不明のものです。

踵の痛みにの時に言われるのは小学高学年の骨の成長途中の男子に圧倒的に多いからで、サッカーやバスケットなどの急ターンやダッシュ、ジャンプの競技の子や野球やサッカーなどスパイク競技にも多い踵が痛い症状です。

踵の骨にはアキレス腱や足底筋膜によって引っ張られる力がかかり、さらに固い地面からの衝撃で成長期の子供にしかないくっついていない骨にストレスが加わり痛みがでます。

病院で成長痛・シーバー病と診断され我慢し続けていたり、サポーターやヒールカップをしたり、足の裏やふくらはぎを柔らかくする為にマッサージやストレッチをしてもほとんどの場合は良くならず、踵にストレスがかかりにくくなるように全身のバランスを整えないと短期間での改善は難しいです。

結果で証明

どの様な悩みで来院されましたか?

病院での診断でアキレス腱炎からのシーバー病と診断され最近走れなくなってきたので来院しました。

当院の施術や今の状態はどうですか?

子供がしゃべりやすく、先生の手技が気に入ったので定期的に通っています。いくつか訪ねた病院で一番ここが合っていて、痛みも和らぎ大事な試合にも無事参加でき快方に進んでいます。

LINE@
2,980円 初回

☑治療しているが治らない

☑安静と言われている

☑反対も痛くなってきた

☑半年以上痛い

☑早く練習したい

なぜこんな悩みが多いのか?

成長痛と言われている踵の痛みはシーバー病やセーバー病と診断され、病院では安静とにしていれば良くなると言われ痛み止めを出される事が多く、電気やマッサージやふくらはぎのストレッチなどの治療をしてスポーツを長期間休んでいるにもかかわらず数か月も痛みが取れず悩んでいる子たちがたくさんいます。

その原因の1つは自分の身体に合った事をしていない

アイシングやストレッチを一生懸命毎日やっているが1週間経っても全く良くならないという事は方法が間違っている可能性があります。

アイシングで血流不足になり治癒力が下がったり、無理なストレッチで踵に負担をかけてしまっています。

もう1つの原因は自分の身体を理解していない

なぜ踵に痛みが出たのか?両方?片方?足の指・股関節・背筋など全身をうまく使えているか?

急激に背が伸び一時的に痛みが出る子もいますが、ほとんどは踵に負担んがかかる使い方で使いすぎるオーバーワークです。

シーバー病に対する当院の施術

プロアスリートも使用
鍼と微弱電流

痛みのある踵には消炎効果のある地域で唯一の微弱電流器でいち早く炎症を抑えます。

酸素カプセルドームとの併用でさらに高い効果が期待できます。

再発予防
検査、少年

痛みは身体からのサインです。

何処にどれ位の負担がかかっているのかをまず見つけなければ、いつまでたっても踵への負担は取れません。

大人の骨くらい硬く成長すれば痛みは治まりますが、膨大な時間とストレスがかかります。学生時代の数か月の離脱は将来の選択肢を減らしてしまう事もあります。1日でも早く治して復帰するには、まず原因を見つける事が最優先です。

実績、国家資格者
免許、写真、患者

プロアスリートや多くのシーバー病を診てきた院長が、一人一人の原因を見極めて最短で復帰できる施術法を組み合わせ完全復帰するまでサポートします。

自分の身体を理解し、適切な施術を選択するきっかけにしませんか?

2,980円 初回
0664094744、電話番号
LINE@
地図