皆さん一度はなにかしらケガをしてしまった経験はないでしょうか?
今までケガをしたことは一切無い!という方は限りなく少ないと思います。
ケガをしてしまう原因は色々と存在します。

例えば、
・つまづいて転んでしまった
・自動車とぶつかってしまった
・運動中にケガをしてしまった...etc

こちらでは
「日常生活で起こるケガ」について
ちょっとだけ説明したいと思います。

部位別の痛みについてはこちらにアクセスをどうぞ!
足の痛み腰の痛み
肩の痛み腕・肘・手の痛み

日常的な痛みについて

身体を動かしている以上、日常生活でケガをしてしまう可能性はもちろんあります。
【家事をしている最中】や、【重たい荷物を持ち上げた時】など
思いもよらないタイミングで起こってしまうのが日常生活で起こるケガです。

疲れがたまっていたり、何か考え事をしていたりすると起こってしまうといった可能性もあります。

当院はケガの治療に、トレーニングを取り入れています。取り入れている目的としては、治療を受ける方に対して
ケガをする前の身体よりもケガをしにくい身体になってもらう
ということが必要だと考えるからです。

その場しのぎの治療をすると、再発をしてしまう可能性が高く残ってしまいます。
日常で動作をしている時点で、ケガをする可能性というのはつきまとっているのです。

人の身体というのは、生まれながらにしてケガや傷などが回復する自然治癒という力が備わっています。
もちろん、治癒のスピードは人によりさまざまではありますが、
可能であれば、この力を高めて頂いて多少のことでは医者や治療に行かなくても、平気だと自信を持ってもらいたいと考えています。

治療を受けに来ていただいた方には

・出来るだけケガをしなくても良い身体

・多少の衝撃にも耐えられるような身体

そういった身体になってもらいたいという想いを持って日々取り組んでおります。

慢性的な痛みについて

【肩が痛かったけど気付いたら頭も痛くなってきた】
【膝の治療をしに病院に通っていたが、時間が経つとまた痛くなってきて定期的に病院へ通っている】

このような痛みというのは簡単に治るものではなく、しっかりと原因を追究しないとどの治療法も一時しのぎにしかならないのです。

このように突発的な事故などによって生じる痛みとは別に慢性的な痛みも存在します。
短期間で収まる痛みは「急性の痛み」、1~3ヶ月以上続く長い痛みが「慢性的な痛み」です

本来痛みというのは、生じたとしても反応が早めにおさまり、血液の流れが改善されることによって痛みが落ち着きます。

ただし、痛みが長く続く場合に関しては、血液の流れが悪い状態がずっと続いてしまうので、
それのよって「痛みの原因物質」が大量に発生してしまいます。
この原因物質は血管を収縮させてしまう性質を持っているので、ただでさえ血流が悪いものをさらに
悪化させて、それにより痛みの原因が生じてしまうという負のスパイラルを引き起こしてしまいます。

では、できるだけ早くこの慢性的な痛みから解放されるためには、
どうすればいいのでしょうか。

当院の治療方法

周りの環境や骨格、動きのクセなど違っているように人によって痛みの原因も様々です。
当院では、独自の方法でどこが原因なのか、症状が来ているのか徹底的に検査をしてから施術を行います。


【肩こりが長引くと頭痛がしてくる・・・】などよく聞きますよね?
頭をいくら冷やしたりしたところで、一時的には回復しても少し時間が経つとまた頭痛が起きてしまう場合、実は痛みの原因は頭ではなく、肩にあるということになり痛いところが絶対に原因でそこをただ改善すれば良いというわけではないのです。

間違った場所に対して治療をしてしまうともっと悪化してしまうといった可能性も考えられます。

そこで当院では、

人間が持っている本来の治癒力を最大限に引き出し
健康な状態の身体の動きを取り戻させる

子どもからお年寄りまで
安全・安心して受けられることができる整体

明確な目的を持った施術

動きやすい身体を造っていく事で慢性化した痛みは
ストレスが減っていき緩和されていく

ということをコンセプトに治療を行っております。