アキレス腱が2か月以上痛い!

左右差

アキレス腱が2か月以上痛い!

スポーツをするうえでアキレス腱は重要な役割をしています。踵の骨とふくらはぎの筋肉をつなぎ、背伸びをする動作や走る時に地面からの反発力を吸収し蹴る力に変える強靭な腱です。

尼崎市在住 野球をしている小学5年生内野手のアキレス腱炎K君の症例

約2か月前からグラウンドで疲れてくると踵をつくのに痛みが走るので整形外科を受診してアキレス腱炎と診断されシップとしばらくの安静を言い渡されて、一週間ほど体育と野球は休み痛みが治まったのでスポーツを始めるとすぐに痛みが再発して、前回よりもひどくなった為にお父さんに連れられて当院を受診されました。

動く動作やバランスをチェックすると明らかに足に長さなどに左右差があり弱い所に負担がかかるのは当然といった身体になっていて、アキレス腱の炎症がとれても負担がかかる原因があるから再発したのだと考えるのが当然。

彼の場合股関節に原因があったので施術を行と左右差がとれてアキレス腱にかかる負担は減少したので、患部は消炎の為の施術を行い全身均等に力が入る様にして合計4回の施術で野球に復帰しました。

その後はアキレス腱は血流量が少なく冷えると痛みが出やすくなる事があるので温めることと、原因であった股関節のストレッチを指導しました。

軽い症状でも我慢しているとシーバー病やシンスプリントや疲労骨折などをしてしまう可能性があるので早めに原因を見つけて改善する事がスポーツを楽しむ秘訣かもしれません。

 

 

 

関連記事

  1. トレーニングで意識をする意味と重要性

  2. 腰椎分離症

    尼崎市、伊丹市、西宮市、西淀川区で腰椎分離症と診断されて困っ…

  3. 捻挫を早く治してスポーツに復帰する方法

  4. 成長痛?ではありません。踵の痛みシーバー病

  5. 尼崎 パーソナルケア 鍼灸 整体 踵の痛み

    ケガからの復帰が早い尼崎の鍼灸整体院

  6. 腰痛

    ずっといつまでも痛い理由!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Facebook

LINE@