スポーツ障害で多いシンスプリント・疲労骨折

スポーツ障害で多いシンスプリント・疲労骨折

学生に多くすねの内側の真ん中が痛くなり、バスケットやサッカー、陸上などよく走るスポーツに多くひどい場合は疲労骨折を起していることもあります。背伸びをする様な足首の動作や走っていて地面を蹴る時に収縮する筋肉がすねの内側にくっついていて繰り返し引っ張られ続ける事で炎症を起こすのがシンスプリントです。突発的になる事はなく、骨が固くなりきっていない成長期のオーバーワークで違和感から少しづつ痛みが増してきます。成長期のオーバーワークは怪我のトラブルが頻繁におこりますが、シンスプリントや疲労骨折は突発的に起こる事は少ないので違和感の出た時点で対処するか、日々のメンテナンスをしっかりすることで骨が急激に伸びない限りはある程度予防できるので知っておくことが大切になります。

関連記事

  1. 尼崎 パーソナルケア 鍼灸 整体 突き指

    ケガの治療は子供から大人までお任せ下さい

  2. 腰椎分離症

    尼崎市、伊丹市、西宮市、西淀川区で腰椎分離症と診断されて困っ…

  3. 捻挫を早く治してスポーツに復帰する方法

  4. 尼崎 パーソナルケア 鍼灸 整体 痛くない 施術

    予約制で待たずに鍼灸を受けるなら

  5. 尼崎 パーソナルケア 鍼灸 整体 肩 痛み

    痛みが良くならない方におすすめの整体です

  6. 肉離後のトレーニング

    肉離れを何回も繰り返してしまう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Facebook

LINE@