スポーツ障害で多いシンスプリント・疲労骨折

スポーツ障害で多いシンスプリント・疲労骨折

学生に多くすねの内側の真ん中が痛くなり、バスケットやサッカー、陸上などよく走るスポーツに多くひどい場合は疲労骨折を起していることもあります。背伸びをする様な足首の動作や走っていて地面を蹴る時に収縮する筋肉がすねの内側にくっついていて繰り返し引っ張られ続ける事で炎症を起こすのがシンスプリントです。突発的になる事はなく、骨が固くなりきっていない成長期のオーバーワークで違和感から少しづつ痛みが増してきます。成長期のオーバーワークは怪我のトラブルが頻繁におこりますが、シンスプリントや疲労骨折は突発的に起こる事は少ないので違和感の出た時点で対処するか、日々のメンテナンスをしっかりすることで骨が急激に伸びない限りはある程度予防できるので知っておくことが大切になります。

関連記事

  1. 尼崎 痛み 鍼灸 整体 スポーツ 腰痛

    痛みとは?

  2. 尼崎 パーソナルケア 鍼灸 整体 保険

    根本から良くなる整体を尼崎でお探しなら

  3. 尼崎 パーソナルケア 鍼灸 整体 保険

    初めての方に、お得な値段で施術が受けられる尼崎の整体院

  4. 腰痛

    腰痛の原因を解消する尼崎の鍼灸整体院

  5. 成長期の悩み

    成長期に思い通りの動きが出来なくなったのは?

  6. トレーニング

    スポーツ障害とインナーマッスル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Facebook

LINE@