成長期に思い通りの動きが出来なくなったのは?

成長期の悩み

突然いつもの簡単なプレーが出来なくなった。

 

最近急に走るのが遅くなった。

 

どこが痛いわけでもないが体が重たい。

 

小学高学年から中学生頃におけるこのような悩みは成長期特有のスランプの様な症状で「クラムジー」かもしれません。

急激な身体や体重の成長に体と脳の感覚がズレてコントロールする力とのバランスを崩し思い通りのパフォーマンスが出来ずにメンタル面でも大きな影響がでます。

この時期に練習量でカバーしようとするとオーバーワークになり成長痛と言われるオスグッドや疲労骨折などの長引く怪我をしてしまう事があります。

脱出方法は成長過程が異なる為一概には言えませんが、短期間競技から離れたり、スポーツ障害のような症状が存在し周りが理解する事が一番大切ではないでしょうか。

関連記事

  1. スポーツ障害で多いシンスプリント・疲労骨折

  2. 尼崎 パーソナルケア 鍼灸 整体 足 痛み

    子供へのケガの治療の実績も豊富です

  3. オスグッドシュラッター病の治し方

  4. 腰痛

    腰痛の原因を解消する尼崎の鍼灸整体院

  5. トレーニングで意識をする意味と重要性

  6. 肩の痛み,四十肩,肩,痛い,肩こり

    根本からよくなる尼崎の整体院

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Facebook

LINE@