野球肩・野球肘を治し、再発しない為に

尼崎 パーソナルケア 鍼灸 整体 野球 ケガ

野球肩・野球肘を治し、ならない為に

子供の頃から野球をしていると、肩や肘が痛くなる原因の一つとして「もっと肘を上げろ!」「もっと上から投げろ!」など指導者がよく言っているのを耳にしますが、どこに対して?どのタイミングで?どの方向に?その時の肘の角度は?その時の手首の向きは?そもそも高けれ高ければいいのか?サイドスローやアンダースローはどうなるのか?その違いは?

指導者が肘を下げたまま投げると何処に何が起きるからだめなのか?を理解していればそんな薄っぺらい表面上の発言は出ないはず。肘を上げるタイミングが遅かったり、方向が間違っていたり、腰を反対に倒して無理やり肘を上げていたりして、そのまま投げに行くと肩肘の関節や筋肉に過剰な負担がかかるのは当然ですしパフォーマンスも落ちます。

尼崎市尾浜町にあるスポーツ障害専門パーソナルケア鍼灸整体院では筋肉や関節の状態から痛みの原因を見つけて解りやすく説明し早期改善を目的に酸素カプセルを併用し施術を行っています。

関連記事

  1. 腰痛

    腰痛の原因を解消する尼崎の鍼灸整体院

  2. 足のアーチ

    足の裏を使っている感覚ありますか?

  3. スポーツコンディショニングの重要性

  4. 尼崎 パーソナルケア 鍼灸 整体 突き指

    ケガの治療は子供から大人までお任せ下さい

  5. 尼崎 パーソナルケア 鍼灸 整体 足 痛み

    子供へのケガの治療の実績も豊富です

  6. サッカー選手の肉離れ

    肉離れをしてから競技に復帰するまで

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Facebook

LINE@