ストレッチは逆効果?治らない野球肘

野球肘のストレッチ

野球肘が治ってもまたすぐに痛くなる。

尼崎市在住小学6年生の野球肘で内側が長い間痛く、整形外科のレントゲンでは異常なし、整骨院に通っていたが投げればまた痛くなるの繰り返しでなかなか完治せず、「筋肉が固いから柔らかくするためにストレッチをやりなさい」と言われていた為、毎日やっていたが逆に痛くなる日もあるとの事。

それもそのはずで原因の一つは手首の固さでした。

指先・手のひら・手首の少し上が全く改善されておらず、無理なストレッチと指導で炎症部位にストレスを与えるだけのストレッチになっていました。肘の内側から着いている筋肉は指先まで繋がっているのも有り、投球時に球が指先から離れる際には遠心力に負けない様に大きな力を出して指や手首を固定するので疲労はかなり溜まりやすく、靭帯損傷や剥離骨折が無い場合は多くはストレッチをし筋肉を柔らかくして投球禁止で炎症が引くのを待つのが一般的であるが、一番の原因を見つけないと治るどころかすぐに再発をしてしまう恐れがあります。
肘を伸ばし手首を手前に引いて前腕の筋肉をストレッチを行った時にズキッと嫌な痛みがある場合は、肘を曲げ指から手のひらを伸ばすように行うのもセルフストレッチの一つです。

動画での説明はこちら

関連記事

  1. 野球肩の治し方

  2. 尼崎 パーソナルケア 鍼灸 整体 腰 痛み

    腰痛とヘルニアは関係なかった!

  3. 尼崎 パーソナルケア 鍼灸 整体 踵の痛み

    成長痛?踵の痛みシーバー病

  4. 足のアーチ

    足の裏を使っている感覚ありますか?

  5. 尼崎 パーソナルケア 鍼灸 整体 安心

    尼崎の予約制の鍼灸整体院

  6. 腰痛

    尼崎でヘルニアにお悩みの方への整体なら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Facebook

LINE@