トレーニングで意識をする意味と重要性

質問を貰いました。

トレーニングで意識するってどーゆー事?

【トレーニングで意識する意味と重要性】

トレーニングをする時や指導する時に、「鍛えている所を意識する」とよく耳にする事があると思いますが、実際それはどうすればいいのかを解説します。

例えば腕立て伏せをします。

鍛えてるのは胸の筋肉(大胸筋)と二の腕(上腕三頭筋)になります。

まずは胸と二の腕をトレーニングしていると感じる事、次に張り感をや疲労感を感じながら左右差がないかを確認する。

そして1番重要なのはそのトレーニングで効いている胸や二の腕がどんな場面で働くのかを理解する事。

野球のバッティングであれば右バッターの場合、右手が差し込まれない様に体幹と固定するのが胸の筋肉、身体が回転する時に左肘を伸ばしてくるのが二の腕になってきます。

スクワットだと太もも・お尻が主に鍛えられますが、ジャンプや急に止まる動作でしっかり力がはいっているのか?

逆にジャンプ力が弱く、強くしたい場合はスクワットトレーニングをしてからジャンプ動作をして更に意識を高める。

この様にアップさせたい動作とトレーニングの目的が一致してるかが、意識できているという事になるんじゃないでしょうか。

 

関連記事

  1. 足のアーチ

    足の裏を使っている感覚ありますか?

  2. 腰痛

    腰痛の原因を解消する尼崎の鍼灸整体院

  3. 腸腰筋

    腰痛と股関節の関係

  4. スポーツ障害で多いシンスプリント・疲労骨折

  5. 尼崎 パーソナルケア 鍼灸 整体 腰痛

    腰痛にお困りの方への尼崎の整体なら

  6. 尼崎 パーソナルケア 鍼灸 整体 足 痛み

    子供のケガの治療にも強い尼崎の鍼灸整体院

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Facebook

LINE@